京のおうどんは、名前や作り方に、関東とはちょっと違った特徴があります。

まず、当店の店名の由来となったお揚げさんたっぷりのきつねうどんですが、
関東では油揚げを四角いまま提供する店が多いと思いますが、京都では細く刻んでからうどんにのっけます。

一説では、舞妓さんのおちょぼ口でもお揚げさんを食べやすくするための工夫だったとか。

ちなみに当店では、京都の老舗豆腐店「とようけ屋山本」さんから、お揚げさんを仕入れて提供しております。

ほかにも、たぬきうどんは、関東のように揚げ玉を使うのではなく、きつねうどんに片栗粉の餡でとろみを付けて、生姜をトッピングして召し上がっていただきます。

それじゃあ、たぬきうどんは?といえば、京都ではハイカラうどんと呼ばれます。そして、力うどんはかちんうどんに。
また、肉うどんに使うお肉が牛肉なのも、京都をはじめとした関西の特徴です。

アゴや鯖節、ウルメイワシなどからとった澄んだスープと中太麺。
スープは、お客様に提供する直前に九条ねぎを投入し、サッと煮立たせてあります。このひと手間で、一層まろやかさが増すのです。

京うどんに難しいうんちくはありません。舌と五感でお楽しみ下さい。

きつねうどん